きんか







1300年の歴史と伝統が息づく
優雅な古典絵巻、長良川鵜飼。

岐阜市の夏の風物詩として知られる長良川鵜飼。
その始まりは約1300年前にまでさかのぼります。

鵜飼とは、鵜匠が鵜を操りながら魚を使える古典漁法のことで、
時の権力者たちの保護を受けながら現在まで受け継がれてきました。
織田信長が「鵜匠」という地位を与えて鵜飼を保護したほか、
徳川家康もたびたび岐阜を訪問し、その光景を見物したとされています。

また、長良川鵜飼は、時代を彩る文化人にも広く愛されてきました。
岐阜を訪れた松尾芭蕉は、鵜飼を見物後、
「おもうしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」という句を残していますし、
世界的な名優として知られるチャールズ・チャップリンも、
昭和11年(1937年)と昭和36年(1961年)の2度に渡り鵜飼観覧に訪れ、
大絶賛したといわれています。

日本の名水100選に選ばれた清流・長良川。
漆黒の闇に包まれたその川面に、赤々と燃え盛るかがり火が焚かれた幻想的な光景は、
見る人たちをタイムスリップしたかのような幽玄の世界へと誘ってくれます。

なお「長良川鵜飼観覧船」の乗船予約については、「きんか」でもお受けしております。
ぜひお気軽にご相談くださいませ。

写真提供:(社)岐阜県観光連盟

Copyright © きんか All Rights Reserved.